スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島根の女子大生遺棄 懸賞金の前倒し検討(産経新聞)

 広島県北広島町の臥龍(がりゅう)山で、島根県立大1年、平岡都さん=当時(19)=の遺体が見つかった事件は、6日で遺体発見から3カ月が経過するが、捜査は難航している。島根、広島両県警の合同捜査本部は、有力な情報提供者に懸賞金を国費で支払う「捜査特別報奨金制度」の適用を早めるよう警察庁に要請する方向で検討を始めた。

 平成19年4月から始まった同制度は、未解決事件の容疑者逮捕につながる有力な情報提供者に報奨金を支払う。千葉県の女性英会話講師殺人事件では、容疑者逮捕に結びついた情報提供者に計1000万円の支給が決まった。

 合同捜査本部は、事件の解決に必要な平岡さんの足取りや不審者の目撃情報などが得られていないため、報奨金制度の適用について警察庁と協議。ただ制度の適用は、事件発生から原則6カ月以降のため、捜査本部内で規定より早期の実施を検討しているという。

 捜査幹部の1人は「事件の発生から日数がたち、情報提供者の記憶が薄れた後で報奨金制度を実施するより、前倒しで行う方が事件の解決につながる」と話している。

 平岡さんは昨年10月26日夜、島根県浜田市内のアルバイト先を出た直後に行方不明に。翌11月2日に同県警が公開捜査を始め、同6日に島根、広島県境の臥龍山中で遺体の一部が発見され、両県警が合同の捜査本部を立ち上げた。平岡さんがはいていたと思われる靴1足が、自宅の女子寮近くの側溝に落ちてるのが見つかったが、有力な手掛かりはないという。

【関連記事】
島根女子大生遺棄 靴は平岡さんのものとほぼ断定
島根女子大生遺棄 捜査難航、住民に不安 遺体発見から1カ月 懸賞金検討
島根女子大生事件1カ月 パトロール、終バス繰り下げ…拭えぬ不安
県立大周辺に街路灯21基を増設 島根女子大生遺棄
島根の女子大生、帰宅ルートと別の道で目撃情報

<脳細胞>「ひげ」は右回り 左右の脳に非対称性 理研、大阪大チームが解明(毎日新聞)
平山郁夫さん 東京で「お別れの会」…各界の著名人ら参列(毎日新聞)
包み隠さず話した=2度目の事情聴取-小沢氏(時事通信)
自民、元女優ら2新人を擁立(産経新聞)
グッドウィル子会社元幹部に実刑=インサイダー、15億円追徴-東京地裁(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。